古墳の上は鹿だらけ

奈良公園の背後にある若草山の山頂に前方後円墳があって、奈良公園なので墳丘上でフレンドリーに鹿とふれあえます。全国を調査したわけではないけれど、鹿の多さでは日本最多級の古墳に違いない。

f:id:hamajiu:20180416122724j:plain

この鶯塚古墳。全長103mで葺石があり(裾のあたりはそれらしい石がコロコロしている)、山頂で眺めは最高で、埴輪や銅鏡も見つかっている、なかなか立派な古墳であります。誰の墓なのかは例によって不明、しかし鶯塚という名前の由来についてちょっとした話があり、江戸時代に建てられた碑によると、

清少納言謂之鶯陵 (『奈良市史』考古編より)

清少納言これを鶯のみささぎという。
言ったのか? 謎。さて。

ちょっと調べてみたけども、清少納言が「これが鶯塚だ」と言ったという話がどこから出てきたのかがよく分からないです。少なくとも江戸時代人はそう思っていた。とすると出処はあるはずなのだが。

一応、それらしい「うぐいすの陵」が枕草子の「みささぎは」の段に登場するというのでいくつか。「春はあけぼの」と同じく、清少納言が陵(偉い人の墓)の良いものを列挙している、らしい。

文献1。

みささぎは うぐるすのみささぎ。かしはぎのみささぎ。あめのみささぎ。

「うぐるす」は誤植ではなく底本のママのようです。「うぐゐす」の間違いという解釈のなのか。注によると、うぐいすの陵とは「所在不明。能因本・前田家本に「うくひすのみささぎ」とあり、仁徳陵の別名か」。若草山じゃなくて大仙陵だってことになってるじゃないっすか。

文献2。

陵は 小栗栖の陵、柏木の陵、あめの陵。

「うぐるす」は間違いではなく小栗栖という地名のことだとする説。小栗栖と言えば京都の南、明智光秀が討たれたところですね。「うぐるす」という音から割りとすんなり連想できたので自然な感じはしたけど、そのあたりに陵と呼べるほどの大きな古墳はなかったような気がする。でももしかしたら、あるのかもしれないし、あったのかもしれない。そしてやはり若草山ではない。

 

ここからは何の確証もない話。感想文だ。


陵は 鶯の陵 柏木の陵 雨の陵


こう並べたときに、すごく良いなあと思ったのです。鶯、柏、雨。季節ですね。春になって桜が咲いて鶯の鳴き声がする。新緑の頃、柏の葉。梅雨が来て雨が降る。陵はその時期が良いのです、と。しっとりしたポエムじゃないですか。こう読む場合の陵は、陵と言えばあの古墳だろうという暗黙に特定可能なもの(the MISASAGI)ということになるので、それこそデカさで大仙陵古墳か、そうでなければ先帝の墓とか、そのあたりか。清少納言が陵にお参りして、陵はやっぱこの時期がいいなあと思ったという、勝手な想像だけれども。

そういうわけで、清少納言からこの鶯塚にどう繋がるかは不明のままです。
奈良市史に戻ると、前方部の南側に小さな古墳(陪冢)が3つあるということなので、これじゃないかと当たりをつけて撮った写真を並べておきます。

f:id:hamajiu:20171126233036j:plain

▲山頂一号墳(たぶん)は手前の鹿がいるところ。奥は鶯塚古墳本体です。わずかに盛り上がっているだけなので言われなければただの地山だ。画面左下に葺石らしいのがある。鹿たちのくつろぎスポットになってた。

f:id:hamajiu:20171126233049j:plain

▲山頂二号墳(たぶん)。これも葺石っぽいのが見えている。

f:id:hamajiu:20171126233136j:plain

▲山頂三号墳(たぶん)。やや低いところにあるちょっとした盛り上がり。日陰でくつろぎモードの鹿が一頭。

(参考文献)
奈良市史:昭和四十六年再版『奈良市史 考古編』吉川弘文館
文献1:松尾聰、永井和子(1997)『新編 日本古典文学全集18 枕草子小学館
文献2:渡辺実(1991)『新 日本古典文学大系25 枕草子岩波書店

(訂正 2018.04.16)

当初、墳丘上の写真を載せていましたが、公園管理事務所に問い合わせたところ「史跡なので入らないでほしい」との回答でした。大変すみませんでした。踏み跡があって結構みなさん入っちゃってますが、入らないということで、どうかよろしくお願いします。