湯村温泉の古墳

 山のほう(内陸)へ行きたいのと、温泉に行きたいのと、すごく遠出するほどの元気はないけど少しは遠出したいのが重なって、甲府湯村温泉に行った。それだけなら普通の温泉旅行なのだけれど、この温泉街には古墳があるので、そのことを書いておこうと思ったのです。

f:id:hamajiu:20200216203106j:plain

▲富士山、湯村山から

 あと、古墳とは関係ないけど太宰治の『美少女』という小説があります。あらすじは、湯村温泉の混浴の湯槽に浸かっていたらたいそう美しい美少女がいたので心のなかでフヒフヒ言いながら見ていたという、気持ち悪いおじさんの語りなのだけれど、Twitterあたりに住む二次元美少女が好きなおじさんの語りに通ずるものがあって、なんとなく慣れ親しんだ感じがないこともない。あるいは親近感がある。

太宰治 美少女

 太宰治は湯がぬるいと文句を言ってるけど実際はちゃんと熱かったです。当時とは源泉が違うのかもしれないし、または加温してるのかもしれない。いずれにせよいい湯でした。

f:id:hamajiu:20200216202647j:plain

▲温泉の裏山にある大平2号墳(右)と大平1号墳(左奥)

 ところで1月のNHKラジオ英会話で英語の過去形と完了形の違いについて説明されていて、それがなんとなく心に残って、温泉や古墳をめぐっている間ずっと頭のなかをグルグルしていた。どうも音声情報がグルグルする質らしく、ちょっと気になる音楽を初めて聞いた後とかは数日間それがずっと頭の中をリピート再生されていたりします。それで、ラジオ英会話によると、過去形と完了形は日本語訳にすると「だった」だが、過去形は過去のある一点の出来事を語っているにすぎないのに対して、完了形は現在への繋がりとか近づいてくる感じを伴うという話だったと思う。

 ここらへんは歴史の面白さにも似ている気がします。過去のいっときに何かが造られて遺跡として残った、その事実だけ(過去形)では単に遺跡や遺物の珍しさにしか目が行かなくて、観光としては満足するけどそれで終わりになってしまう。でもその遺跡や遺跡を造った人の考えとかが現在にまで何らかの影響を残していたりすると(完了形)歴史が生きている感じがして面白くなる。このへんは具体例をあげるのが難しいのですが、そんな感じです。

f:id:hamajiu:20200216202815j:plain

▲万寿森古墳

 湯村温泉の古墳で言えば、現代的温泉街に古墳があってそれなりの存在感を放っているだけでもじゅうぶん面白いのではないかと思う。付け加えるなら、例えばこの万寿森古墳は江戸時代には火薬の貯蔵庫として使われていたり、昭和の頃にはホテルの物置になってたりしたらしい。ただし江戸の幕藩体制も、昭和のホテルも、古墳より先になくなってしまった。

f:id:hamajiu:20200216202857j:plain

▲加牟那塚古墳

 加牟那塚古墳は、木とかは生えてないし石組みがきれいに整っていてなんとなく大事にされてるっぽさがある。自治会のゴミ置き場になっていて、ローカルなランドマークの正統的使用法という感じがする。

f:id:hamajiu:20200216203018j:plain

▲加牟那塚古墳のかつての正面

 

古墳の多さを知る人よ

f:id:hamajiu:20191208160422j:plain

子供の頃、秩父は「ちょっとお金のある東京の人が行く観光地」というイメージだった。もしかしたら軽井沢あたりと間違えていたのかもしれない。言い訳をすると、西日本の小学生には「埼玉の西の山の中」と「群馬の西の山の中」の違いは区別が難しいのです(割と事実だと思う)。あと付け加えると、どっちも西武が開発に絡んでて雰囲気的に似てるというのもあったかもしれない。

f:id:hamajiu:20191208160448j:plain

▲あの橋。2011年。

進学して東京に出てからようやくわかったことによると実際のところお金持ち向けの軽井沢みたいな場所ではないです。ちょっと観光地があってそれなりに人が住んでる普通の町。ただ地形のせいか西日本とは違うという印象がありました。つまり盆地ではあるのだけれども、盆地の底が平らではなくて荒川に削られた河岸段丘で階段状になっている。そのために平地が狭くて田んぼが少ない。いっぽうで西日本の多くの盆地では、と一般化できるのか知らんけど、底が平らで広い田んぼになっている場合が多い気がする。

f:id:hamajiu:20191208160515j:plain

▲底の平らな西日本の盆地、奈良盆地。珠城山古墳群から。

秩父の盆地のイメージについて以下のような脚本家の文章を引用をしてみる。というのも最初に秩父に行ったきっかけがおそらく「あの花」のアニメだったからです。(が、もしかしたら違うかもしれない。いまはひとまずどちらでもよい)

秩父は周囲を険しい山に囲まれ、農作物などを育てるには過酷な状況だ。秩父事件の発端も養蚕がらみだった。生活の糧が途切れた彼らにとって、やたらと濃い青をした盆地の山々は、いつかの私が感じたように逃げられない檻のように見えたのではないか。(1)

「険しい」「過酷」で「逃げられない檻」とまで言うのは、引用文のさらに前段を踏まえる必要があるけれど、秩父特有の切り立った崖や平地の狭さをよく言い表しているようです。もちろん盆地ならばどこもどこも山に囲まれているし田舎ならば隔絶された感じはあるけれど、底が平らな盆地は雰囲気が穏やかなので「檻」という表現になりにくい。

f:id:hamajiu:20191208160922j:plain

大野原古墳群4号墳。

ここから古墳の話をしたいのですが、大掛かりな農業に向いていないせいか地理的に隔絶されていたためか、秩父には古墳時代の前半の古墳がなくて、後半のものだけがある。しかもサイズが小さい。ただしこまごまとした古墳がそれなりの数残っていて、それも森の中に埋もれているのではなくて人目につく場所にあったりするので、古墳時代的僻地でありながら見どころがあります。以下は列挙。

f:id:hamajiu:20191208160953j:plain

大野原古墳群6号墳と7号墳の並び。石室に入れる。

f:id:hamajiu:20191208161153j:plain

▲同9号墳。雑にフェンスで囲われて、崩れかけの覆屋で石室が保護されて(?)いる。隙間から覗いたらきれいな石積みが残ってるっぽい。

f:id:hamajiu:20191208161233j:plain

▲同10号墳は公民館の駐車場にある。知らなければ踏みそう。

大野原古墳群で見つかった蕨手刀は信州から流通してきたものらしく、十石峠(現代では国道299号)を越えて持ってきたものかもしれない(2)。飛躍して想像すると、古墳時代秩父人は秩父山地を拠点にする山の民であったかもしれず、あるいはそうであってほしい。当時の秩父は単なる古墳文明の後進地ではないと言ってみたい気分がある。古墳ピープルは空の青さを知るか。

f:id:hamajiu:20191208161310j:plain

▲大塚古墳。「秩父地方の代表的古墳」とのこと。(3)

f:id:hamajiu:20191208161327j:plain

▲大堺2号墳。完全に民家の庭の一部になっている。

f:id:hamajiu:20191208161351j:plain

▲飯塚・招木古墳群のうちのひとつ。下草がなくて見通しがよく、林の中にポコポコと円墳が並んでいるのが静謐な印象で良いです。


【参考・引用文献】
(1)岡田麿里『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで』文藝春秋、2017
(2)黒済和彦『ものが語る歴史39 蕨手刀の考古学』同成社、2018
(3)野崎正俊『探訪武蔵の古墳』新人物往来社、1998
(4)塩野博『埼玉の古墳[比企・秩父]』さきたま出版会、2004
古墳の所在地については、埼玉県埋蔵文化財情報公開ページ(http://extra.pref.saitama.lg.jp/isekimap/)を参考にしました。

ぐんまのよあけ

f:id:hamajiu:20191029185536j:plain

低めの前方部と、細いくびれ部と、長い年月を経てやや崩れてなめらかな曲線になった斜面。古墳に限らずだけど、設計の美しさに年月が程よく加わると発酵食品のように旨味が出てくるのです。前橋八幡山古墳。原形がしっかり残っていて、しかし年月相応にシワシワになって味の出た、古漬けのような古墳。

これとほぼ同時期の古墳時代前期に、現在のほぼ群馬県の領域(以下グンマーとします)に古い前方後方墳(後円墳でない)が散在しています。

f:id:hamajiu:20191029185606j:plain

▲元島名将軍塚古墳。

f:id:hamajiu:20191029185629j:plain

▲藤本観音山古墳。

f:id:hamajiu:20191029185644j:plain

▲寺山古墳。

これらが造られる以前に古墳はなく、したがってこれらがグンマーの古墳の先駆けである。最初の古墳を造った初代群馬県民(ということにしたい)はパワフルな移住民でもあったらしいです。

三世紀前半になると、上毛野と北武蔵の低湿地には東海西部系の外来集団が大量に移入してきた。(1)

それまで住んでた先住民は湧き水の近くで自然に流れる水で農業をして暮らしていて、川沿いの水浸しの湿地を田んぼにしようというつもりはなかった。あるいは開発できさえすればいっぱい米穫れるじゃんと思いつつも、土木技術がなかった。

そのグンマーの未開の低湿地に、あるとき大量の名古屋人(ということにしたい)が、大量の農作業具を担いで、当時としては最先端の土木技術を持って押し寄せてきた。その技術というのが、古墳時代にこんなことできたのかとちょっと驚いてしまったほどのものです。いや、古墳造れるんだからできるんだ。なるほど。玉村町砂町遺跡の例ではこういう感じです。

①湿地中の樹林を伐開→②小溝(幅1m、深さ50cmほど)を方格状に繋いで余水を小河川に排出・半乾燥→③長大な水路(幅3~10m、深さ1m)を開削して系統的な用水を確保しつつ水田化を促進

大水路は延長数kmに及ぶ可能性があり(2) 

 そうして未開の地グンマーをまたたく間に時代の最先端をゆく産業地帯へと変貌させ、その記念碑として東海人好みの前方後方墳を築いた。我々はその記念碑を見ているわけですね、今や古漬けになってしまったけれども。

この東海からの移住はかなりの苦労があったようです。弥生時代の終わり頃から「過去7800年間でもっとも長くきびしい寒冷期」(3)というほどに寒冷化が進んで、農業が打撃を受けて、例えば岐阜県では少し後の時代だけれども、農耕ができなくなった痕跡があるらしい。(4)そういう絶望的な状況を打開すべく少しでも可能性のある土地を探して、町ぐるみで移住した。パワフルというか、実際には悲壮と言ったほうがいいのかもしれないです。

ここに人が住んで発展して東国という領域ができて、武士がいっぱい出てきたり幕府ができたり東京になったり首都圏や関東という現代の地域意識みたいなのにつながっているとすると、風が吹けば桶屋が儲かるレベルの話になるけれど、古墳時代の開発者のおかげで東京があると言えなくもない。そう思って見ると、初代グンマー開拓民はじつに偉大であるようです。


参考文献
(1)若狭徹『古代の東国1 前方後円墳と東国社会』吉川弘文館、2017
(2)若狭徹「耕地開発と集団関係の再編」『古墳時代の考古学7 内外の交流と時代の潮流』同成社、2012
(3)坂口豊『尾瀬ヶ原の自然史 景観の秘密をさぐる』中公新書、1989
(4)岐阜大学プレスリリース「古墳時代の気候変動と人間活動の密接な関係 大垣市荒尾南遺跡の花粉化石が語る歴史」2019年10月27日閲覧 https://www.gifu-u.ac.jp/news/research/2019/09/entry09-7423.html

ちはら台の古墳

f:id:hamajiu:20190906224747j:plain

京成千原線ちはら台駅徒歩5分のちはら台公園の中にある古墳広場。ニュータウンの中にありながら前方後円墳を含む古墳が密集しています。等間隔に並ぶ円墳の稜線が波打っていて庭園の一角のような風景であり、古墳が並んでいるというだけでじゅうぶん都市公園の景観として成立している。というか古墳群が山の中にあってもなるほど古墳群だというだけで終わってしまうのだが、都市の内部に取り込まれていることで現代的な意味が加わっているという、そんな感じです。

f:id:hamajiu:20190906224759j:plain

▲ほどよい木陰がある。

この広場を含む台地上は旧石器時代から平安時代までの遺跡が密集していて、さらに現代のニュータウンが重層している。千葉県民の万年単位のスクラップ・アンド・ビルドの歴史です。古墳時代だけを見ても前期・中期・後期の各年代の古墳が混在していて、公園の中心にある前方後円墳の草刈11号墳は後期の築造であり、古い古墳N029とN030を破壊した上に築いている。

f:id:hamajiu:20190906224817j:plain

▲くびれ部の半壊させられたN030古墳はわずかに現存しているとのことで、左手前の盛り上がりがそれかもしれない。

あるいは草刈5号墳は古い古墳の上にもう一度土を盛り直して新しい古墳にしたという、なんかすごい使い方をしていたらしい。らしいというのは、その5号墳は削平されて既に無い。じつにスクラップ・アンド・ビルド、歴史の流れの中にある。

 

参考文献
(1)千葉県教育振興財団文化財センター編「千葉県教育振興財団調査報告書第567集 千原台ニュータウンXVI―市原市草刈遺跡G区・古墳群(P区)―」平成19年
(2)千葉県文化財センター編「千葉県文化財センター調査報告第479集 千原台ニュータウンXI―市原市草刈遺跡C区・保存区―」平成16年

御殿場の古墳と双子山

土日に限って雨続きの梅雨とそれに続く猛暑で外に出る元気がなくて、エアコンの利いた室内で快適にボケーとする夏です。パソコンを見ていると、Googleマップに表示される古墳が増えてる。おかげで衛星写真で墳丘の様子を観察するのがマアマアな暇つぶしになります。ありがたいことです。

その暇つぶしの一環で未知の古墳を求めて御殿場のあたりを眺めてたら意外なことにいくつか古墳が表示されていた。なんで意外かというと、富士山の麓なのです。孫引きですが以下。

火山灰やスコリアなどが堆積し、吸水性の高い特徴をもつ土地が多くなっている。このため、水田耕作に適した土地が少なく、弥生時代から古墳時代にかけては遺跡数が少なく、土地利用が難しかったことを示している。(1)

いかにも古墳なんてなさそうな感じです。しかし、群馬などは火山灰の下に古墳が埋まってたりもするし、引用にある少ない遺跡というのがまさにマップに表示されているのかもしれない。そこで調べてみたのですが、結論を先に述べますと、古墳じゃない可能性が高い。

御殿場に古墳の名のつくものは数多くあるが、実際はそのほとんどが泥流丘で、確実に古墳であるといえるものは、古墳時代後期(七世紀)の大沢原の小円墳など、全部十基にも満たないのではなかろうか。(2)

今からおよそ2900年前に富士山が地震かなにかで山体崩壊を起こして(御殿場岩屑なだれ)、水と混ざって泥流となって流れ下ったのが御殿場泥流であり、そのときに取り残されたのが泥流丘である。(3)

御殿場市街地の周辺には、塚原や塚本など塚のつく地名が多数ある。(中略)これらの地域には長径二〇~三〇メートル、高さ五メートル程度の小丘が多数分布する。(3)

まさに古墳と同じくらいの大きさの丘があるのです。

また、泥流丘のほかに、江戸時代の宝永噴火のときに降り積もった火山灰を寄せ集めた砂山もある。宝永噴火のときの御殿場は相当な被害があったようで、田畑に大量の火山灰が積もり、食料が尽き、餓死者を出しながら復旧工事をした。(4)そのとき田畑から掻き出した砂を集めて盛ったようです。

御殿場市(5)には「砂よけの塚」という写真が掲載されていて、見た目は古墳と言われても違和感のないものです。ただの砂山ではあるけれども、御殿場の汗と涙が染み付いた、古墳以上に重い歴史を背負った史跡と言えるのかもしれない。

以上のようなわけで、Googleマップ御殿場市内に古墳として表示されているものの多くは古墳ではないかもしれないです。一方で市史に古墳であると確定的に書いてある大沢原古墳群については2019年8月時点でマップに表示されていない。その2点を考えるとマップの古墳についての表示は現時点では眉毛を唾でしっとりさせる程度の慎重さで見る必要がありそうです。なんでもない砂山を見ていたとしても、それはそれで歴史がある土盛りなのだから興味深くはあるけれど。

   * * *

ところで話題が変わりますが御殿場といえば富士山が見えます。日本一大きく土が盛り上がっている場所。その脇にある双子山(二ツ塚)は土盛りマニアにとっては中々ワクワクするスポットのように思われます。高いところならば涼しいのではないかと思いついて登ってみた。

f:id:hamajiu:20190822214617j:plain

▲御殿場口から登り始めてしばらく進むとまず目の前に現れる富士山-宝永山-双子山の並び。超巨大円墳4基が直列に並んでいるかのような美しい土の盛り上がりです。

f:id:hamajiu:20190822214638j:plain

▲二子山の間にある鞍部は美しくくびれている。まるで前方後円墳のくびれ部のようです。西都原古墳群のくだりで書いたようにこの滑らかさが良いのです。すべすべしている。

f:id:hamajiu:20190822214654j:plain

▲上塚から見下ろす下塚。長い年月を経て角が滑らかになった古墳のような見た目です。しかもサイズは古墳よりはるかに大きい。良い盛り上がりですね、火山と古墳は何か通ずるものがあります。

【参考文献】
(1)高橋一夫、田中広明「古代の災害復興と考古学 (古代東国の考古学 2)」高志書院、2013
(2)御殿場市史編さん委員会「御殿場市史 別巻Ⅰ 考古・民俗編」御殿場市、1982
(3)日本大学文理学部地球システム科学教室「富士山の謎をさぐる―富士火山の地球科学と防災学」築地書館、2006
(4)都司嘉宣「富士山噴火の歴史: 万葉集から現代まで」築地書館、2013
(5)御殿場市史編さん委員会「御殿場市史8 通史編 上」御殿場市、1981

つらみ/つらつら

つらみ  つらいこと。つらい気持ち。(デジタル大辞泉

これまで生きていてつらみを感じていた期間を感じていなかった期間で割ったものをつらみ係数とするならば、わたしのそれは1を超えているのです(面倒な話だ)。なにしろ生まれてすぐに七歩歩いて右手で天、左手で地を指差し、「天上天下唯つらい」とつぶやいてため息をついたという。嘘だけどさ。

つらければ酒を飲む。人が酒に浸るのはいまに始まったことではなくて、古来酒飲みピープルは酒を飲んだ。古代の酒はアルコール濃度がいまよりも低かったらしいから、ちょっとずつ染みるように酒を飲んだのでしょうか、じつに金曜日の夜という感じがする。現代でも金曜日は染みるように酒を飲む。つらつら酒飲みパーソンの大先達であるところの大伴旅人に曰く、

なかなかに 人とあらずは 酒壺に なりにてしかも 酒に染みなむ

半端にニンゲンなんてやってるくらいなら酒壺になってしまえばよいのだ、そしたら全身に酒が染み込んでくるから。酒飲みの鬱屈。

万葉集』の素朴で力強い歌風は「益荒男振り(=ますらおぶり、男性的でおおらかな歌い方)」と呼ばれる。私たちの胸に直接訴えかけてくるこの力こそ、「歌」そのものがもつエネルギーであろう。角川書店. 万葉集 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典 (角川ソフィア文庫) (Kindle の位置No.3657-3659). 角川書店. Kindle 版.

直球のエネルギーというのが、最近のTwitterとかのあえて馬鹿っぽく大げさで直球なパワーワードを投げつける表現がなんとなく似ている気がして、万葉集って現代のネット文化と親和性高いのではないかと思ったりなどします。こんなのもある。

川の上の つらつら椿 つらつらに 見れども飽かず 巨勢の春野は (春日蔵首老)

これ現代ネット文っぽいじゃん。って初めて読んだときに思ったのです。思わぬですか。まあどっちでもいいですケド。つらつら椿。つらつら。つらいわけではない。漢字で書くと「列列」であり、椿の並木が並んでいるかもしくは重なり合って咲いている様子らしい。他にも表現はあるに違いないのに敢えて選ばれたつらつらです、1300年の時を経てなお鮮烈に突き刺さる。

この歌が気に入ったので旅行のついでに寄り道をして歌の舞台である巨勢に行ってみた。奈良県吉野口駅のあたりだというネット情報があり、またその阿吽寺の椿が有名らしいのでお参りしたのだが、

f:id:hamajiu:20190316212943j:plain

ほとんど散ったあとだった。つらつら。つらみの方の意味において。ちなみにわたしは山茶花より椿が好きです。なんでかというと花がいきなりボトッて落ちるから。はらはらと一枚ずつ散る儚さなんていう感傷を見る者に与えないのです。絶対に散るぞという強いパワーがある。

f:id:hamajiu:20190316213004j:plain

▲手水に椿が浮かべてある。

奈良県まで来ておいて肝心のつらつら椿を見ることもできず、それじゃ仕方ないので帰り道に古墳がつらつらしている新沢千塚古墳群に来た。500基以上の古墳がひとつの丘に葡萄の実みたいに連なっているつぶつぶ感がとても良いです。衛星写真でどうぞ。

前回来たときには工事中だった道路の南側の群が整備されて公園になっておりました。おかげで古墳の連なりがいっそう見やすくなっていた。が、これまた前回来たときにもそうだったのだが、上空からでなく地面にくっついた状態で写真を撮る場合に、このつぶつぶ感を上手く表すことができないのである。歩きながらあっちこっち見てるときはすごくつぶつぶ感を感じるのに写真で切り取るとダメなんですよね。なにごとも上手くいかないものです。つらつらのつらみ。

f:id:hamajiu:20190316213509j:plain

▲古墳がつらつらしている。

f:id:hamajiu:20190316213607j:plain

▲つぶつぶしている。

 

掘ったり沈んだり

f:id:hamajiu:20190122205259j:plain

そのうちに見に行こうと思ってた利根川の開削地点。むろん行ったところで、いかにも利根川という感じの高い堤防がひたすら続いているだけで、それはそれで見ものと言えるかもしれないけれど観光地的な何かは無いです。でもここをブチ抜いたことによって生まれた文化とか江戸―東京への影響とかを考えると日本史上の一大事が起きた場所と言えるかもしれない。

大雑把にまとめると、もともと、江戸時代に入る前は(古墳時代も)利根川加須市のあたりから東京湾に向かって南へ流れていた。今の利根川下流側は利根川水系ではなくて常陸川というそれほど大きくない川で、それと鬼怒川、小貝川が合わさって香取海(当時はデカかった霞ヶ浦)に流れ込む。ふたつの水系を分けていた分水嶺が栗橋の東側、一番上の写真のあたりというわけです。家康が江戸に町を作り始めると、江戸を水害から守ることとチバラギ方面からの水運を通すために(他にも説はあるらしい)利根川を現在の流路に付け替えることになり、大小種々の工事で徐々に流れを変えた。中でも分水嶺をブチ破って利根川常陸川をくっつけるのが一大イベントで、これによってほぼ今の利根川の流れができあがった。と、いうことらしいです。人力でやったのすごい。

f:id:hamajiu:20190122205339p:plain

利根川ブチ抜きの概略図

江戸が水害から守られ物資が流入したことで発展して現在の東京があり、あるいは流域から江戸に運ばれた醤油で寿司や蕎麦なんかの江戸料理が発達した。関西その他から見るとどれも東京ローカルにすぎないとも言えるけれども、しかし現在の日本全国に影響を与えているという点で、やはり日本史上の出来事という気がする。

この分水嶺ブチ抜き地点、利根川(赤堀川)を挟んで南北に古墳が残っています。今は橋を渡らないといけないけど当時はひとつの台地で繋がっていて、おそらくご近所さん、隣村、という程度の関係だったかもしれない。

北にあるのが駒塚古墳。東北本線の西側にあり背後を列車が行き交う。

f:id:hamajiu:20190122205455j:plain

南は穴薬師古墳。施錠されて入れなかったが覗いたらきれいな切石の横穴式石室だった。

f:id:hamajiu:20190122205507j:plain

ところで古墳というのは低地にはあまりないです。川が氾濫して流されるわけにはいかないので。ことによると低地に作ったのが流されちゃったということがあったかもしれないけれど、流されたので今は無い。このふたつの古墳も一応台地上にあることになってるのですが、武蔵野台地を見慣れた目ではこのあたりの地形はちっとも台地っぽくない、ほとんど平らだ。よく見ると古墳の近くに段差があるけれどこれ段丘なのかな。よくわかんない。一番低いところではないとは言える、微高地です。上の穴薬師古墳の写真では階段5段分の段差がある。

f:id:hamajiu:20190122205535j:plain

▲駒塚古墳の近くにある段差。微高地って感じ。

それで調べたところによると、このあたりの地面は沈んでいる。関東造盆地運動、それですね、関東平野の中心が沈降して縁が隆起している。その中心がこのあたりということで、台地が沈んでその周辺が堆積作用で埋まったために標高差がなくなってしまったようです。もうちょっと西の加須のほうへ行くと台地の上面が地面よりも低い(埋まってる)ところもあるらしい。そういう高低差があまりない土地ゆえ、古墳を造る場所としては「頑張ってこれ」という精一杯の高さだったのであろうし、川を付け替えるにあたっては台地といえどもわりとブチ抜きやすかったのかもしれません。そこに目をつけた江戸幕府としては都合が良く、目をつけられた古墳時代人にとっては隣村が利根川の向こうになってしまった。じつに歴史という感じがある。

f:id:hamajiu:20190122205816j:plain

東北本線の鉄橋
  • 参考文献

今回はネットで公開されてるやつです。ciniiの検索でたどれます。
松浦茂樹(2015)「関宿から利根川東遷を考える」水利科学 342
堀口万吉(1981)「関東平野中央部における歴史時代の沈降運動と低地の形成」アーバンクボタ19