かわいいあの子は摩利支天

秋が来たら白河関を越えようと思っていた。能因法師の有名な歌ですけれども、これがなんか、気になっていた。

都をば霞とともに立ちしかど秋風ぞ吹く白河の関

山を越えて平野に下りてきて、色づいた黄色い田んぼの稲穂が揺れる、村があり家があり、古い関の跡地、何もない空き地に秋の匂いのする風が吹いている、みたいな風景が、行ったことはなくて適当に想像で作っただけなのだが繰り返し頭の中で流れては消えていく。今年の夏はグエェって唸るほど暑かったですからね、きっと意識的にか無意識的にか秋が恋しかったのであろう。

そして秋が来たので白河関に行こうとしていたのだが、理由もなく思うには、関を越えて陸奥へ行こうとするものが下毛野の古墳を未だ見ていないのはいけない。この思考に脈絡はなく、なんとなく猛暑でぐにゃぐにゃになっていた脳味噌がふわっと演算をしたところそうなったにすぎない。しかしながらまず下毛野の古墳を見ねばならないことになったので、当地の中心地にして最大級の古墳であるところの、小山のふたつの古墳にやってきたのである。

f:id:hamajiu:20181005232009j:plain

琵琶塚古墳。墳丘に生えてる木が、生やしっぱなしでもないし、シンボル的に数本だけ残すわけでもなく、完全に切って往時を再現したのでもない。疎林。これは珍しい気がする。保存上または景観を考える上で何らかの理由があったのかもしれず、それならば資料館のおっちゃんに話を聞いておけばよかった。シルエットはなんとなく関東でよく見るような感じだなあと思ったのだけれど、形式学的に裏付けのある話ではないです。のっぺりした感じが6世紀っぽい。

f:id:hamajiu:20181005232020j:plain

摩利支天塚古墳。こっちものっぺり系かと思ったけれど、前方部に登ってみたら思いの外くびれのところがキュッとしててシュッとしたシルエットです。ここに立って後円部の偉い人を崇めようという気分が高まる。鳥居が前方部にあって摩利支天の本堂が後円部にあるという配置も、いつの時代の人によるものかは分からないけども、良いのです、崇めたくなる。琵琶塚よりも古いらしく、5世紀築造とのことで、シュッとしたシルエットは古式が残っているためかもしれない。

f:id:hamajiu:20181005232033j:plain

あと、関係ないけど墳丘の下にいた野良猫がかわいいヤツだったので勝手に写真のモデルにした。名前は知らないし教えてもくれないので仮に摩利支天キャットとします。

f:id:hamajiu:20181005232044j:plain

琵琶塚の反対側です。二車線の県道のある台地上から見ると古墳を少し見下ろす感じになり、ということは古墳のある場所は付近の最高所ではない。古墳って高いところにあるイメージなのでちょっと変わってる感じはする。ただしもしかしたら珍しいことではないのかもしれず、適当に思っただけにすぎない。

最後にどうでもいい話ですがこの近辺にある甲塚古墳というのがラブホに接してるらしいですね。ラブホの窓から古墳が見えるのはとてもナイスな感じがするのでいずれ再訪しようと思います。

古墳がギュッ☆とクビれたら

宮崎は古墳が多い。なんでかは知らないけど、ともかく多いので、衛星写真をご覧ください。たいへんワクワクします。


▲西都原古墳群第2支群


▲西都原古墳群第1支群


▲持田古墳群


▲川南古墳群

(ヤバさに気づいてしまったあなたはもう終わりだ……古墳見物に行くしかない……)

古墳文化の中心地であるところの近畿から遠く離れているのになんでこんなに大きな古墳が多いのか理由がはっきりしないようなので、とりあえず当時の宮崎県民がやたらと古墳好きだったということにすればよいのではないかな(してよいのか?)。中央政権とのつながりで造らざるをえなかったとか言うと辛気臭いじゃないですか、そんなのより宮崎県民全員が上も下も古墳のことを考えない日はないレベルで熱狂して、趣味は古墳、寝ても覚めても古墳、みたいになってたほうが愉快な南国ピープルって感じで楽しい古墳時代になる。

そんなワクワク古墳ピープルの熱狂的建造物群を見物してきた。西都原の前方後円墳のすごくいいところは前方部が低くてクビレがはっきりしてるのが多いことです。というかそれがいいって気づいてしまったのです。以前から古墳はやっぱ前期型の前方部低いのが綺麗だよなあって感じはあったのだが、意識として形になってしまった。「これって……まさか……恋……!?」って気づいちゃったヒロインみたいな心境です。なので今回は初々しい前期型前方後円墳への恋の甘酸っぱさを表してみたいと思います。

f:id:hamajiu:20180609225236j:plain
▲西都原古墳群109号墳

まず109号墳のサイドビューです。109号墳は4世紀末の築造、時期的には古墳時代前期なので前期型と言ってよいと思う。左が後円部で右が前方部。全体に傾斜が緩くてペタッとしている。特に後円部と前方部の間が低くなっていてクビレがはっきりしています。このクビレのところ登りたくなりませんか、なりませんよね、まあどっちでもいいんですケド。

f:id:hamajiu:20180609225502j:plain

▲西都原古墳群265号墳

比較のためクビレがあんまりない古墳も見ておきますと、時代を下って265号墳、築造は6世紀、後期型です。全体が高くなって傾斜も急になって土盛りとしての存在感は増すけれどもクビレは目立たなくなって寸胴になりました。こうなるとここから登りたいとか、ここを握ってどうにかしてみたいという感情はちょっと弱くなります。あ、握ってどうにかしてみたいという感情、それですね、前期型はそれがあるのだ。猫の首輪のところをスベスベしたい感じにも似ている。なのでクビレのとこ太くなるとどっしりするのはいいけど困りますね。

f:id:hamajiu:20180609225606j:plain

▲西都原古墳群100号墳

次は上に登ってみます。キリ番の100号墳です。前方後円墳は後円部がメインで後方部が儀式を行う場所、という説をとりあえず信じているので特段の用がなければ前方部からお邪魔しております。後円部の方向を見ると、なんかこんな生物がいたような気がしなくもない、平べったくてかわいいですね。視覚的にはクビレがあるために後円部の主役感が際立ちます。前方部の遠近感が強調されて、やや離れたところから観察しているような距離感もある。それが何かの目的あってのものなのか、あるいは意図などなかったのか、単に胸にキュッと来るから採用したのか。最後の理由なら現代人にもキュッと来させる効果はあるように思われる。

f:id:hamajiu:20180609225650j:plain

▲話の飛躍。甲斐銚子塚古墳(山梨県)のクビレ

話は飛びますが、クビレのある美しさといえば山梨の甲斐銚子塚古墳はかなりのものです。大きいし、復元も美しい。サイドビューはクビレのむこうに八ヶ岳や茅ヶ岳の火山特有のなめらかな稜線が見えており古墳のなめらかなシルエットと相乗効果でまことによろしい感じがします。この景観設計はかなりのものと思う(勝手に思ってるだけだ)。ただし古代山梨県民は宮崎ほど古墳にラヴしてなかったので(たぶん)美しきクビレのある古墳は多くはない。余談ですが。

f:id:hamajiu:20180609225751j:plain

▲甲斐銚子塚古墳のクビレサイドビューは八ヶ岳と茅ヶ岳が見える

f:id:hamajiu:20180609225844j:plain

▲西都原古墳群46号墳

西都原に戻って46号墳。これは前期の終わり頃であり、次の世代への変化の兆しが見えるというようなことがなにかに書いてあった。たしかにサイドビューは少しモッタリしたシルエットでクビレのギュッとした感じが弱いようにも見えるのだが、

f:id:hamajiu:20180609225905j:plain

前方部に登って見るとちゃんとギュッとしており安心感がある。むしろこの古墳はモッタリしていながらクビレがあり、美しさを損なう手前で踏みとどまりつつ重量感を見せるような効果が、狙ったか否かは知らないけれども、あるような気がする。

以上、甘酸っぱいクビレのラヴです。西都原古墳群にせよ、他にしても、宮崎は分布密度が高すぎてヤバくて、墳丘に登ると隣の前方後円墳の尻尾が見える。ほどよく首根っこを掴めそうな距離感。そう、そして、あなたがクビレを掴むとき、前方後円墳もまたあなたの心を掴んでいるのだ。

血尿記

こんな本を読んでおりました。大人になるとはどういうことか。むろん生物学的にはすでに大人だけれども、社会的に・精神的に・心構えとして、いかにあるべきか。

歳を取ってくるにつれて、最新のコンテンツを空気のように吸い込めなくなるのです。  (- 「若者」をやめて、「大人」を始める 「成熟困難時代」をどう生きるか?

 年齢が上がっていくにつれて肉体は変わっていきます。これは生物として避けられない。あるいは無生物であっても経時劣化は避けられない。諸行無常は普遍である。
そして、それゆえに、血尿は出る。

あの日、血が降った日。それはまるで、まるで悪夢の景色のように、恐ろしい眺めだった。

超音波でもレントゲンでも原因は明らかならず、そしてついに、ついにアレです。内視鏡を入れる。

Q.あなたの内視鏡はどこから?
「私は喉から」
「私は鼻から」
「わたくしはNYOU☆DOUからであります。フフッ」

麻酔もしますし最近のは細いから痛くないんですよ~って泌尿器科のお医者様がにこやかに仰るのでわたくしも安心して頷きました。オリンパスとかも細くて痛くない内視鏡のCMやってた気がするしきっと最新のやつはすごいんだな~って感じです。

でも検査室行ったらなんか太いんです。いやもしかしたらこれでも従来よりはかなり細くなったとかかもしんないけど、でも主観的には太い。これNYOU☆DOUに入れるんですか。看護師さんがにこやかに答えてくれた。
「男性は尿道長いからちょっと痛いですけど大丈夫ですよ~」

そうですかーッ。痛いっすかーッ。お医者様ーッ。
アアーッ、アイタタタターッ。

検査の結果は腫瘍なども見つからず軽症でした。二度目はやりたくないです。
他に特筆すべきは検査後最初の放尿で、麻酔液(ジェル)が尿に押されてジュルジュルと出て参ります。気持ち悪くてこわい。

古墳関係ない気もしますが実は完全に無関係とも言えない。お医者様見解によると自転車による悪影響は無いだろうということだったのですが、不安なのでナイスなマイチャリのサドルをスリット入りのやつに替えてみた、ということで。

f:id:hamajiu:20180520180713j:plain

具合を確認するため慣らし運転、狛江の前原塚古墳へ。小さめの円墳ですが全体像が見渡せて都内にあっては写真写りがいいです。

f:id:hamajiu:20180520180728j:plain

狛江は古墳がたくさんあるようなのでまたあらためて来ようと思います。サドルは良好です。

さて、すべてまとめて、大人になるとは何であるか。尿道内視鏡を入れることとみつけたり。痛い。であれば大人になんかなりたくないし、美少女になりたい。むろん、生物学的にはすでに大人であるので、概念の話ですよ。

古墳の同人誌を作っています

f:id:hamajiu:20180419200116j:plain

古墳本です。
現代社会を歩いているとわりと唐突に出現する古代遺跡。ヘンな構造物なのに人間の生活に溶け込んでいる。やたら数が多い。という妙なおかしみにスポットを当てるのがコンセプト。ほとんど写真だけです(たぶんサボったわけではない)。申し訳程度にあまりうまくない解説文が付きます。そう、つまりこれ写真集ですね。コスプレ写真集の被写体が古墳になったと思って頂ければよいです。

中身をチラ見せ。

f:id:hamajiu:20180419200132j:plain

こんな感じで全国26箇所の古墳の写真が並びます。全体としてふわっとしたイメージを感じてもらえたら目的は達成したようなものです。

という本を持ってCOMITIA124に出展予定です。
サークル名 古墳GRAPH
場所 ビッグサイト東5ホール X19b
本の予価は900円です。高いですね。でも1000円でワンコイン戻りますのでお得感ありますね。ないですか。という感じです。

(追記2018.04.24)

無事完成しました。

f:id:hamajiu:20180424212948j:plain

オンデマンド印刷って思ったよりキレイですごいですね。オフセのほうがより良いとか、どうとか、いう話ですけれども。

あと当日飾る用のPOPも作ってみましたヨ。ファースト写真集♥

f:id:hamajiu:20180424215712j:plain

大きなぼたもちの下で

ぼたもちを食いたい欲求が日に日に高まる。

我が家では年に一度はぼたもちを作る会が催され、ゆえに年に一度はぼたもちをたらふく食べていたために、大人になっても年に一度はぼたもちを食べたくなるのである。じつに教育の効果という感がある。

それで、今年もぼたもちを食います。しかしカロリー摂取量が気になるお年頃になってしまったので相応のカロリーを消費しつつ食わねばならない。それを念頭に、とりあえずナイスなチャリで出発。

まずはぼたもちをどこで買うかですが、大きな寺の門前なら餅屋か団子屋があるだろうと思われたので、ほどほどに良さそうな距離にある高幡不動へ行った。行ったらちゃんと名物のまんじゅう屋があり、おはぎの幟が出ている。

f:id:hamajiu:20180318175336j:plain

余談なんですが、ぼたもちとおはぎの区別はあるのか。単に言葉の違いだけであるか、作り方も違っているのか。子供の頃食っていたのはぼたもちだけで、おはぎを食ったことがない。ネット情報ではどちらも同じもので「春はぼたもち、秋はおはぎ」と使い分けるべきだと言ってるサイトもあるけれど、ともかく我が家ではおはぎはなかったし、あるいは西日本の一部地域は、というくらいまで主語を大きくしてもよいかもしれない。言葉については、「おはぎ」ってなんか間接表現でお上品ぶって澄ましちゃってヤーネ、という、なんかそんな感じが子供心にはありました。ぼたもちに「お」を付けて「おぼた」とでも言えば西日本の匂いがしなくもないけれど、まあ、適当な話。

ともかくぼたもちでないと困るので、はんごろしのつぶあんのやつを買って、店としてはおはぎかもしれないけれど、ぼたもちと名付けることにする。

f:id:hamajiu:20180318175355j:plain

▲今からおまえの名前はぼたもちだ。いいかい、ぼたもちだよ。わかったら返事をするんだ、ぼたもち。ぼたもち「はいっ」

つづいてぼたもちをどこで食うか、それについては目星がついていたので、ハケを登って府中を目指します。

f:id:hamajiu:20180318175425j:plain

▲大きなぼたもち

熊野神社古墳。上円部の葺石が見事につぶあんを表現しており、下方部がぼたもちを置く皿に相当するという説が、ことによるとあるかもしれない。ないかもしれない。
ともかくここで包みを開く。

f:id:hamajiu:20180318175501j:plain

大きなぼたもちの下でぼたもちを食った。おはぎがぼたもちとは違うものだったら困ったことになるのですが、ちゃんとおいしいぼたもちの味でしたよ。

f:id:hamajiu:20180318175411j:plain

ごちそうさまでした。

それでもガラパゴス

f:id:hamajiu:20180312190436j:plain

日本海をのぞむ崖の上の古墳群。日本海からの風雨で削られていまはもう土盛がなくなっているけれども石室の材は残ってます。ここ好きなんですよね。年に一度は来てる。何かというと、地の果て、この先にはユーラシア大陸古墳時代にあっては先進文明をもたらす源泉、があった。近代のはじめに坂本龍馬が太平洋を見てアメリカに憧れたみたいに、古代にもここでなんか叫んだ若いのがいたかもしれない、という想像もありではないか。今は若者の少ない過疎地だけれどもね。日本海の交易が盛んだった頃は、冬が終われば貿易船がやって来たかもしれない。夢があったんですね。そういう夢のようなことを考えていると、冬の潮まじりの北風が吹きつけるような日に行っても(この写真を撮ったのがそういう日だった)なかなか意味ありげな風景に見えますね、などと思うのです。

ところで物の本によると、偉い人のためにデカい墓を造る文化は日本に限った話ではなくて、どこでもあります、ピラミッドとか。中国にもあるし朝鮮半島にもある。それが日本海の北風みたいに日本に打ち寄せてきて、島国のことだから勝手に解釈して魔改造して変な形にしたりやたらデカくしたりした。そうやってガラパゴス化したのである。というようなのが歴博の企画展

(企画展示|展示のご案内|国立歴史民俗博物館:~2018.5.6)

の解説にもあり、なるほどその通りだなあと思ったのです。古墳は国内の視点だけで見ると「世界に並ぶレベルのデカさ」とか「全国に十万基以上もあってスゴい」となるけれども、世界全体を見たときにはそれはどっちかというと「変」なのである。なんでこいつらそんなことに熱狂してるのか……。ただ、この辺境感、田舎者がやらかした感、というのはおかしみがあってそれはそれで良い気がします。オタク文化もそうですか。あるいは田舎の何もない駅前でウンコ座りしてる高校生、なんとなく可愛げがあるでしょ。そんな感じ。

歴博の展示といえば、北アメリカのマウンドが紹介されていました。いつか誰かにアメリカに古墳なんてネーヨと偉そうに言ってしまったことがあった気がするのですが大変すみませんでした。一応言い訳ですが、必ずしも墓ではないらしいので古墳ではないのです。あと、造った人のことをマウンドビルダーって言うらしいですよ。よく訓練されたガチムチオッサン集団がマッチョに土を盛ってそうな、アメリカ感あって良いですね。これ日本もコフンビルダーって呼んでみたら、ホームページビルダーみたいな庶民的な感じになります。そういうわけでまたアメリカに行きたい。

→ミシシッピ文化 - Wikipedia

古墳の上は鹿だらけ

奈良公園の背後にある若草山の山頂に前方後円墳があって、奈良公園なので墳丘上でフレンドリーに鹿とふれあえます。全国を調査したわけではないけれど、鹿の多さでは日本最多級の古墳に違いない。

f:id:hamajiu:20180416122724j:plain

この鶯塚古墳。全長103mで葺石があり(裾のあたりはそれらしい石がコロコロしている)、山頂で眺めは最高で、埴輪や銅鏡も見つかっている、なかなか立派な古墳であります。誰の墓なのかは例によって不明、しかし鶯塚という名前の由来についてちょっとした話があり、江戸時代に建てられた碑によると、

清少納言謂之鶯陵 (『奈良市史』考古編より)

清少納言これを鶯のみささぎという。
言ったのか? 謎。さて。

ちょっと調べてみたけども、清少納言が「これが鶯塚だ」と言ったという話がどこから出てきたのかがよく分からないです。少なくとも江戸時代人はそう思っていた。とすると出処はあるはずなのだが。

一応、それらしい「うぐいすの陵」が枕草子の「みささぎは」の段に登場するというのでいくつか。「春はあけぼの」と同じく、清少納言が陵(偉い人の墓)の良いものを列挙している、らしい。

文献1。

みささぎは うぐるすのみささぎ。かしはぎのみささぎ。あめのみささぎ。

「うぐるす」は誤植ではなく底本のママのようです。「うぐゐす」の間違いという解釈のなのか。注によると、うぐいすの陵とは「所在不明。能因本・前田家本に「うくひすのみささぎ」とあり、仁徳陵の別名か」。若草山じゃなくて大仙陵だってことになってるじゃないっすか。

文献2。

陵は 小栗栖の陵、柏木の陵、あめの陵。

「うぐるす」は間違いではなく小栗栖という地名のことだとする説。小栗栖と言えば京都の南、明智光秀が討たれたところですね。「うぐるす」という音から割りとすんなり連想できたので自然な感じはしたけど、そのあたりに陵と呼べるほどの大きな古墳はなかったような気がする。でももしかしたら、あるのかもしれないし、あったのかもしれない。そしてやはり若草山ではない。

 

ここからは何の確証もない話。感想文だ。


陵は 鶯の陵 柏木の陵 雨の陵


こう並べたときに、すごく良いなあと思ったのです。鶯、柏、雨。季節ですね。春になって桜が咲いて鶯の鳴き声がする。新緑の頃、柏の葉。梅雨が来て雨が降る。陵はその時期が良いのです、と。しっとりしたポエムじゃないですか。こう読む場合の陵は、陵と言えばあの古墳だろうという暗黙に特定可能なもの(the MISASAGI)ということになるので、それこそデカさで大仙陵古墳か、そうでなければ先帝の墓とか、そのあたりか。清少納言が陵にお参りして、陵はやっぱこの時期がいいなあと思ったという、勝手な想像だけれども。

そういうわけで、清少納言からこの鶯塚にどう繋がるかは不明のままです。
奈良市史に戻ると、前方部の南側に小さな古墳(陪冢)が3つあるということなので、これじゃないかと当たりをつけて撮った写真を並べておきます。

f:id:hamajiu:20171126233036j:plain

▲山頂一号墳(たぶん)は手前の鹿がいるところ。奥は鶯塚古墳本体です。わずかに盛り上がっているだけなので言われなければただの地山だ。画面左下に葺石らしいのがある。鹿たちのくつろぎスポットになってた。

f:id:hamajiu:20171126233049j:plain

▲山頂二号墳(たぶん)。これも葺石っぽいのが見えている。

f:id:hamajiu:20171126233136j:plain

▲山頂三号墳(たぶん)。やや低いところにあるちょっとした盛り上がり。日陰でくつろぎモードの鹿が一頭。

(参考文献)
奈良市史:昭和四十六年再版『奈良市史 考古編』吉川弘文館
文献1:松尾聰、永井和子(1997)『新編 日本古典文学全集18 枕草子小学館
文献2:渡辺実(1991)『新 日本古典文学大系25 枕草子岩波書店

(訂正 2018.04.16)

当初、墳丘上の写真を載せていましたが、公園管理事務所に問い合わせたところ「史跡なので入らないでほしい」との回答でした。大変すみませんでした。踏み跡があって結構みなさん入っちゃってますが、入らないということで、どうかよろしくお願いします。